育成したい看護師像

教育方法・研修

教育方法

教育名 担当者 対象 内容・備考
ラダー教育 教育委員会 ラダー対象者 各ラダーに必要な研修
トピックス研修 教育委員会 全看護師職員 年間計画で実施する。現場のニーズ・医療界の動向に合わせ、教育委員会で企画・運営・評価をする。
院外研修 教育委員会 全看護師職員 神奈川県看護協会・川崎市看護協会主催の研修への参加。
参加の人選は、その研修内容により、各看護単位の看護師長、教育担当看護師長、看護部長による推薦、もしくは自薦により決定する。
看護研究 教育担当看護師長
教育委員会
各看護単位看護研究チーム 毎年チーム立ち上げ取り組む。
教育担当看護師長、外部講師が研究の全過程をサポートする。
臨床実習指導 次世代看護師育成委員会
臨床実習指導者
看護師等養成施設(実習生) 年間を通して看護学校の実習を受け入れている。実習指導者の養成は外部の養成研修に参加する。人選は看護部長、教育担当責任者、各看護単位の看護師長と協議して決定する。実際の臨床実習指導は各看護単位の実習指導者が実施する。
人事考課 看護部長
各看護単位看護師長
全看護職員 全看護職員の能力向上を目的に『キャリアラダー』を設定し目標達成のためにOJT、Off-JTを実践する。
目標評価、次期目標設定は半期に1度、人事考課時の個人面接で行い、年度末にラダー認定を実施する。
スペシャリスト育成支援 各認定看護師等教育機関 勤続5年以上の看護師かつクリニカルラダーⅤ認定者 自薦および所属部署長の推薦により、看護部長が承認する。