看護部長あいさつ

最強のプリセプターは患者様

看護部長 栗林幸江

「患者様を自分の家族のように思って看護をすること」。これは、今まで出会った多くの先輩方や同僚の言葉です。私は、もしもいつか自分自身が看護される立場になった時、「今の私に看護をしてもらいたい」と思えるような看護師でいたい、看護師になりたいと思い続けてきました。さまざまな臨床場面を通して患者様から教わることは無限にあります。

たくさん悩んで成長してください。それがいつかあなたの財産になります。

看護は人と人とのかかわりから始まります。当看護部では、地域の皆様に質の高い医療と信頼される看護を提供できることを基本理念に「看護が語れる職場づくり」を目指しています。

自主性と向上心のある方、当看護部は、あなたのやりたい看護の実現をサポートします。

看護部長 栗林幸江